[54]異文化間コミュニケーションの極意 - Are you 国際人?|世界平和青年連合

[54]異文化間コミュニケーションの極意

mail_02.jpg どのようにしたら外国人とのコミュニケーションがうまくできるのか。よく指摘されることの一つが「言語の習得」です。もちろんこの答えに異論はありません。言語学習は不可欠です。しかし、コミュニケーションがうまくいかない理由として、もっと本質的な原因が考えられます。それが「対人恐怖症」という問題です。人に笑顔を向けたり、話し掛けたりすること自体が苦手である、避けてしまうということです。その意味で、他の国々の人々と比較してみたとき、現代日本人はかなり「対人恐怖症」の傾向にあると言わざるを得ません。

 歴史を見れば、日本人は意外と好奇心旺盛で発想が柔軟、積極的で開放的で社交的だったことが分かります。異文化や外国語に対してもチャレンジ精神旺盛で、どの時代においても新しい時代を開いてきたのが日本人の姿でした。しかしながら、現代の日本人は、戦後の自虐史観教育のせいなのか、自己肯定感が低く、内向き志向が強い傾向にあります。まずは、自分を好きになりましょう。日本と自分に自信を取り戻しましょう。異文化間コミュニケーション、国際交流においても、日本人の得意技である笑顔の力を大いに発揮し、積極的にあいさつをする、声を掛けるところから交流を始めてみましょう。

 極端なことを言えば、異文化間交流だからといって、外国語である相手の言葉だけを話さなければならないというルールはありません。分からないところは日本語でいきましょう。大事なのは、「対人恐怖症」の虜となって固まってしまうのではなく、「ハロー!」「グッドモーニング」「サンキュー」「イエス!」「ノー!」「オーケー!」と、短い言葉をどんどん使って、一歩前に出ていきましょう。目と目を合わせて「ハーイ!」と元気に大きな声を発する、これが異文化間コミュニケーションの極意です。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「The longest journey begins with one step !」
 (千里の道も一歩から!)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
覚えよう!今週のEnglish Words:

Silence is golden, but not when trying to learn a foreign language.

→沈黙は金なり。しかし、外国語を覚えようとするときにはそうではない。


Copyright © Are you 国際人?|世界平和青年連合 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。